小学校でのプログラミング学習の本質!!必ず知るべき!




みずき
現役プログラマーのみずきです。
プログラマーとして日々精進する生活を送っています。
・小学校でのプログラミングって何をするの?


・プログラミング学習のおススメサイトは何?(小学生向け)

このような疑問を解決できる記事を用意しました。


この記事を読む事で「小学校で学ぶプログラミングの本質」や「学ぶ目的」を理解する事ができます。


なぜならプログラマーとして日々IT事情を調べている為、小学校でのプログラミング目的を理解しているからです。


2020年からはプログラミング学習が必修化するので、これから小学校に入学するお子さんの役に立つ記事ですので 、この記事を見つけたラッキーなお母様はぜひ読んでください!


もちろん他の方も、ぜひお読みください!!

小学校での
プログラミングとは?

結論から言うと、小学校でJavaやC#などのプログラミング言語の「文法」の学習はしません!


文法学習ではない事を聞くと、「プログラミングの何を学習するんだ??」となる方も多いと思います。


ですがプログラミングでの一番の本質は、「文法」ではございません。


本質については記事を読み進めていただく事で、理解する事が可能です。


小学校のプログラミングで学ぶ事とは?

最初にも述べた通り、プログラミングの「文法」学習は行いません。


「文法」学習ではないという事をより理解する為に「プログラミング = 文法」という概念がある場合は忘れてください。


言語の文法学習をしない理由

なぜ学習しないかと言うと、「文法」を覚える事でプログラミングスキルが上がる事がないからです!


「文法」を覚える事ももちろん大事です。


ですが「文法」は、高校生や大学生になった後に学習を始めても全然遅くないのです。


なので小学校では「文法」学習を行わないのです。


プログラミング教育の目的

ここで一番最初にも記載した小学校で学ぶプログラミングの本質」、「学ぶ目的をお伝えします。


それは主に以下の3つになります。

・プログラミング思考を学ぶ為

・情報化社会(IT業界)に適応できるようにする為

・プログラマーが必須の時代なので、プログラミングスキルを持つ人材を増やす為


IT業界は日々「日進月歩」です。


なのでIT業界が衰退する事は絶対にありません。


なのでプログラミング思考を持つ人材を増やすことでIT業界に対応できる人材を増やそうという取り組みの一環として、プログラミングを学ぶ事になります。


プログラミングが必修化する理由

上記にも記載した通り、プログラミング思考が必須の時代になっています。


なので時代の流れに負けない為にも、プログラミング思考を身に付けて置きプログラミングに対する抵抗感を軽減する為にも必修化しているのです。


プログラミングスキルの重要性

皮肉にもIT業界が日々進歩していく中で、プログラミングスキルを持っている人材は不足している状況です。


なのでプログラミングスキルを身に付けているだけでも、一目置かれたりします。


更に令和になってからは、ますます個人スキルで稼ぐ時代になってきています。


なのでスキルがない人が生きていくには厳しい時代にもなりつつあり、この時代で生き抜く為の1つの方法として、プログラミングスキルは重要とも言えるでしょう。


プログラミングのおススメ学習サイト

小学校で学ぶ「プログラミングの本質」や「学ぶ目的」を聞いて、焦る親御さんもいるでしょう。


ですが心配はいりません。


その対策の為に文部科学省などが小学生達の為に作成した、プログラミング学習サイトが存在します。


なので今から紹介する学習サイトで学ぶ事で、プログラミング学習に対する不安などを解決する事ができます。


実際にプレイ動画もこの記事で掲載しますので、ご参考にしてください。


プログラミン

プログラミン

このサイトではプログラミンという不思議な生物が存在していて、その生物たちを組み合わせてプログラミングスキルを身に付けるというサイトになっています。


このサイトの一番の目的は、「子どもたちに創ることの楽しさと、方法論を提供すること」を目的としています。


一番プログラミングで大事な「役割(命令)を組み合わせて1つの動きを創る」などの事を学べますので、おススメです。

プログラミンを実際にプレイしてみよう!

プログラミンは言語も全て「ひらがな」で文字が書かれており、小学生に優しいサイトです。


創る方法としては、一番下にある矢印などのアイコンをドラッグして、絵の付近にペーストを行います。

後は自分の追加した動作の絵を1つ1つ追加していく事で、プログラミングの組み立てる方法論を学ぶ事ができます。


私は実際に「右に動いて、バック転をした後に、ムーンウォークをして、体の色が変わる」動きを創ってみました。




Scratch(スクラッチ)

Scratch(スクラッチ)


プログラミンと比べると、難易度が少し高いサイトになります。


ですがよりプログラミングを深く学びたいお子さんやゲーム業界を目指しているお子さんには、最適なプログラミング学習サイトです。


創る方法としては、プログラミンにと類似して、役割(命令)を1つ1つ画面にドラック&ペーストをしてきます。

プログラミンと比べると、より幅の広い役割(命令)をする事ができるので、オリジナリティの高い作品を作れるのも魅力的なポイントです。

Scratch(スクラッチ)を実際にプレイしてみよう!

私は実際に「歩いた後に、ニャーと鳴き、こんにちはと言い、もし端についたら跳ね返る」動きを創ってみました。




プログル

プログル


難易度的には優しいサイトになっています。


創る方法も今まで紹介した際と同様に、役割(命令)を1つ1つ画面にドラック&ペーストをしてきます。

他のサイトと違う点は、クイズ形式で物を創っていきますので、クイズが好きなお子さんに向いた学習サイトになっています。

プログルを実際にプレイしてみよう!

クイズ形式での出題は、頭の回転をより良くするのに最適だと思います。


私も実際に算数の多角形コースで遊んでみました。




まとめ:プログラミングの本質

上記で紹介した内容が、小学校でプログラミング学習を必修化する理由になり、読み終えたいただいた場合は理解できたと思います。


最後にもう一度確認をしましょう。

・プログラミング思考を学ぶ為

・情報化社会(IT業界)に適応できるようにする為

・プログラマーが必須の時代なので、プログラミングスキルを持つ人材を増やす為


上記の内容を理解した後は「ロジックの考え方」を理解する必要があります。具体的に学びたい方は下記にも目を通しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 瑞希

皆さん、はじめまして。佐藤瑞希です。 ブログを見ていただき、ありがとうございます。ここでは主に、プログラミング学習などの事をつぶやく予定です。たくさんの人に見てもらえると嬉しいです。 職種:プログラマー(主にC#)。 趣味:ギター、ゲーム、英語、アウトドアなど。 DOAのMarie Roseが大好きで、毎日を必死に生きています。(笑)